<   2011年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

秋分の日

秋の日はつるべ落としと言うように、今の時期は日没が急に早くなって
真夏の暑い頃は仕事終っても外は明るかったけど、
今ではすでに暗くなっていて、駅から単車で帰るには
前照灯つけないと見えない状態になってる。
あと二月はこのように一気に暗くなる日が続きそして冬がやって来る。
この四季の変化が人を感性豊かな人に育てていく。
心が育つのは秋から冬にかけてである。
適当な写真はないので今回も省略。
[PR]
by e0810suganuma | 2011-09-25 19:04

今GPSが面白い

最近GPSロガーというものを買った。持ち歩くとGPSで自分のいる位置を記録し続けるデータ収集部品。
位置を知るには車に付いてるカーナビ、携帯電話、天測等があるが、
21世紀の流行はGPS。誤差数メートル以内で地球上の位置を知る方法は昔はなかったからありがたいものだ。
これ持っていたらコロンブスはお気軽に世界一周出来ただろうに残念な事だ。その頃はパソコンも人工衛星はなかったけどもな。
とにかく時代の流れに乗る事が大事だということで購入した。なんと値段は送料入れても4000円以内で買えるウソみたいな値段。カーナビは今でも安い物で2万円くらいする。PC持ってたら地図ソフトはいるけどこれを繋ぐだけでカーナビになってしまう。
USB接続GPSモジュール(バッテリー内蔵GPSデータロガー)GT-730FL-S
[PR]
by e0810suganuma | 2011-09-19 12:45

和歌山がえらい事だ

一番好きな和歌山県が大変な事になってしまってる。
数日間雨がやまず集中豪雨となった結果
各地で山崩れが起き川が氾濫、民家が押し流されて多数の死者が出てしまった。
昔から紀伊半島は雨が多い所ではあったが、
これほどの雨は日本書記以来の歴史でも初めてかもしれない。
東北の地震は千年に一度のものであったように
今回の豪雨も千年に一度クラスのものだった。
それをすべて「想定外」という安易な言葉で片付けてほしくないのだが
地球の歴史で最大の自然災害を考えて建築物を作るのは不可能。
だって小惑星がぶつかってきたら地球そのものがなくなってしまう。
ではどこまでの安全係数を考えたらいいのか?
やはり千年に一度の事が起きても何ともない物ということですな。
すでに日本人は1000年以上前にそれを作り上げてしまった。
有名なあの法隆寺。
優秀な日本人である事を誇りに思いたいものだ。
[PR]
by e0810suganuma | 2011-09-07 20:49

台風接近中

週末に台風がやってくる。
台風ってのは地球のデッカイ扇風機。
地球の空気をかき混ぜて、外国から花の種や花粉なども運んでくる。
そのほかには東北の放射能も地球大気に拡散するという仕事もしている。

子供の頃は台風が来るときはすごく楽しかった。
学校が休みになるという事と見た事ない光景が見られる事への期待。
子供の頃の好奇心は悲しい事になくなってしまって
電車が止まらなければいいなとか、山が崩れない事を願ってるわけだが
もう一度あの頃のワクワク感を体験したいと毎年思う。
[PR]
by e0810suganuma | 2011-09-03 10:22