「ほっ」と。キャンペーン

<   2008年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

食品偽装は先祖代々の言い伝え

中国食品を食うなと昔から言ってたのだが、
日本も中国ほどではないが、利益追求のために食べてはいけないものを製造する事はある。
雪印牛乳でマスコミデビューする事になった賞味期限切れ再利用は
今でも間違いなく食品業界では暗黙の了解、利益追求のための常識として残ってるはずだ。
わが家では賞味期限近い食品を安売りで買ってきて、期限が切れてもまだ冷蔵庫にある。
そのうち後ろの方から見つけて、思い出したように食べるのだがこれで食中毒になった事はない。
賞味期限偽装はこの延長上の発想パターンにすぎないのだ。
もったいない文化の日本。捨てるのはもったいないから再利用しよう。
おかしな方向にその文化は生き続けている。
で今回の三笠も農薬が残ってる米を捨てるのはもったいない。
再利用して儲けを追求したい。その考えは先祖の教えを守っている。
再利用の先を食用にしてしまったところに、失敗の元があるのだが
見つかることがなければこのまま
「儲かりまっか、ぼちぼちでんなぁ・・」と笑いが止まらなかったはず。
アホ大臣が言ってたように、この米を毎日食べ続けない限り健康被害はない。
だから汚染米を売りさばいてもいいという理由にはならん!
中国のメラミン入り牛乳汚染に比べたら今回の事件はかわいいものだった。
利益追求のためには人をも殺すあの国と比べてはいけない。
今年も再び言うが、中国食品は絶対に食べてはいけない。

中国のついでだから言っておくけど、北京オリンピックに向けて
国家政策で株式市場をのし上げてきたあの国だが
オリンピックが終わり食品偽装が次々に公表され、
世界中から見離された国は生き残る道はない。
数年前まではバブル全盛の中国だったが公害問題の解決もせず、
先進国を追い越そうとしている国は、やがては三笠フードと同じ運命をたどる。
[PR]
by e0810suganuma | 2008-09-21 19:36