2006年 10月 31日 ( 1 )

ありがとうございました

楽しい思い出の3ヶ月が終わり、また明日から毎日が日曜日かぁ・・・
まあ、こんな機会にしか旅行も出来ないから、まずは与論島まで行きます。
さこさこ姉さんごひいきの南西諸島でんな。
与論島を一周歩くというイベントに参加です。
1日かけて島23キロをぐるっと回り観光していただきたいというのがその趣旨です。
走れと言われたら23キロはつらいが、歩くのならばどうと言うことはない。
燃料のビールさえあれば航続距離は長い。
9日にハローワーク行って11日から沖縄経由で与論島、
帰りに沖縄本島で安いステーキを食べる事を楽しみにしてます。
ジャッキーステーキハウスって言ったと思うけどまだあるんかいな?

終了式で言われていたが、はじめの1ヶ月は皆さん大変だったと思います。
キーボード触ったことない人なら、いきなり入力しろと言われても戸惑うはず。
そんな人のために基礎コースがあるが、同じ学ぶなら一気にしたい人もいて
その人にとってはかなりの困難であったのではないかと思います。
そんなことも考えて主任インストラクターT教授は実に巧妙な方法で
私たちをパソコン大しゅきーにしてくれました。
これからも笑うインストラクターを極めて頂きたく思います。
好きになることが一生懸命熱中できる最大の条件。
それはPCに限ったことではなく、料理だって
もっと美味しい味付けがあるに違いないと思って
創意工夫して考えることは同じ事と思います。
どこかで書いた記憶があるのですが、
うどんのだしが作れる日本人は、世界最高レベルの料理人です。
海外ではこれ以上の味は絶対に見つかりません。
特に欧米では繊細な味付け技術がないと考えています。
食堂のおばちゃんも、家庭の主婦も、
日本の女性は世界最高の技術を保持されておられます。
教室には女性が多かったのですが、最後に彼女たちに贈る言葉は
日本に生まれ育ったことに誇りを持ってくださいということ。
そしてこの食文化を受け継ぐことが出来る子供たちを大切にして下さい。
いつまでもお元気で、事故や病気に逢われる事のないことをお祈りいたします。
おじゃま虫
[PR]
by e0810suganuma | 2006-10-31 16:22