中国食品の恐怖

この数ヶ月中国食品の汚染が取り上げられているが、昔からあった事を考えるとかなり後悔している。
日本はこの国から食料品を輸入しなければ、うどんやそばも食べる事が出来ないのだが、報道のような状態であれば、自分の国で生産するように変えないと健康被害はなくならないと考えた。
雪印、不二家、ミートホープ、こんなところはかわいいものだ。期限切れと言っても毒を混ぜたわけじゃない。中国は儲けるためには人を殺す。
千年以上前には米作りでお世話になった国が、これほどまでに腐敗したことは悲しいことである。今後日本人は中国食品を食べる事がないようにしないといけない。
中国の汚染食品
[PR]
by e0810suganuma | 2007-07-16 11:31 | Comments(2)
Commented by 画伯 at 2007-07-19 01:40 x
おひさ~(^.^)/~~~
「中国食品を食べる事がないようにしないといけない」
って書いているけどここまでいろいろ報道されて それでも買う人は*あまり気にしない人*か*何らかの理由がある人*だと思う
実際店に行って
「これは中国産やから買わんほうがいい」と言って中国産の品物を買わない客をこの頃よく見かけますので中国側がちゃんとした品物を輸出しなければアメリカの牛肉問題みたいに安全が確認できないと輸入を認めないみたいに制限をかけたらちゃんとすると思うんですけど・・・
どうでしょう?
Commented by おじゃま虫 at 2007-07-19 20:33 x
日本は中国食料品の輸入がなくなれば自分で生きていけない。
これが最大の弱みである。日本に限らず中国はいまや世界の食糧倉庫になってしまってるから、輸入禁止にするには自給自足出来る環境を作ることが必要になる。
<< 星空のチカラ再び 七夕とミルキーウェイ >>