筆記試験

今日、大阪市臨時職員募集の筆記試験を受けてきた。
ネットで公募した受付だから65名のすごい応募者であった。
1次試験が筆記、2次が面接とPC実技。
で、試験の内容は公務員試験には10年ほど前に一度受けて合格したのだが、
そんな出題数の多いものではなく、40問ほどのものであったが一般教養問題。
円価値が100円から120円になったらどうなるか。阿片戦争はいつ起こったか。サンフランシスコ講和条約、中国国交回復、日米安保条約、沖縄返還年代順に並べよ。地軸の傾きが与える地球への影響。分数の計算。幾何学。まさにあらゆる分野からの問題で、問題作ったあんたは参考書見ながら作ってるが、いきなり見せられたら解るか?というような問題ばかりでした。
日常の生活で使わない事は忘れるもんである。そうでなければ新しいことは学べない。
今回は実力テストのつもりで予習などしなくて受験したが、自信度は6割といったところ。
久しぶりで分数計算したら高校時代を思い出し感動がありました。
[PR]
by e0810suganuma | 2007-02-15 19:28 | Comments(0)
<< PCスキルチェックテスト結果 札幌雪祭り >>