秋分の日

秋の日はつるべ落としと言うように、今の時期は日没が急に早くなって
真夏の暑い頃は仕事終っても外は明るかったけど、
今ではすでに暗くなっていて、駅から単車で帰るには
前照灯つけないと見えない状態になってる。
あと二月はこのように一気に暗くなる日が続きそして冬がやって来る。
この四季の変化が人を感性豊かな人に育てていく。
心が育つのは秋から冬にかけてである。
適当な写真はないので今回も省略。
[PR]
by e0810suganuma | 2011-09-25 19:04 | Comments(0)
<< フィルム時代の終わりか 今GPSが面白い >>