どうなる福島県

千年に一度の地震で原発が全滅した福島県の人たちは
避難生活をさせられることになって地震と放射能で大被害です。
高度成長期に政府と電力会社はこう言って宣伝してきた
「原発は考えられる最大の地震が来ても絶対大丈夫なように作られてます」
ところが千年に一度の地震が来たら簡単に全滅してしまった。
過去最大の過去って50年くらいを考えてたの。
それを想定外の地震だったとはどういうことですか???
お気軽にその言葉を使ったら何でも説明出来ると思ってるんじゃないぞ。

法隆寺の五重塔は1300年もの間
たくさんの地震に見舞われながら創建当時のまま残っている。
心柱は周りの構造物とは繋がれてなく、
大きな地震の時は揺れを収める働きをする。
その技術を使って建てられた東京スカイツリーも地震では何ともなかった。
昔の東京タワーが送信アンテナ部が壊れたと報道されてた。
千年に一度程度の地震であっけなく壊れる
近代建築を誇ってきた原発ってどうなのよ。
これでは法隆寺に言い訳出来ないぞ。
[PR]
by e0810suganuma | 2011-04-23 16:25 | Comments(0)
<< 阿倍野再開発 観測史上最大地震 >>